日本禁煙推進医師歯科医師連盟
日常診療や健診等の場での禁煙支援、職場における受動喫煙防止対策、歯科における禁煙支援について、専門家による講義が視聴できる6種類のプログラムで構成されています。ご希望の内容を選択し、所定の登録をしていただくと講義を視聴できます。講義終了後に理解を確認する5問から成るアセスメントテストが用意されています。解答いただくことにより、解説とあわせて講義の内容を振り返ることができます。スマートフォンやタブレットからの視聴も可能です。
「日常診療の場で短時間でできる禁煙の効果的な働きかけ」(24分)
 〔2011年作成 〕

喫煙の健康影響や禁煙の効果、禁煙外来や禁煙補助剤についての基本的知識を学習するとともに、日常診療の場で実施できる効果的な短時間アドバイスの方法を学びます。

講師:公益社団法人地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター長
中村 正和
(撮影時:大阪府立健康科学センター)
学習者人数: 2153 / 合格者人数: 942
「健診や保健事業の場で短時間でできる禁煙支援」(56分)
 〔2013年作成 〕

喫煙がNCD(非感染性疾患)の最大のリスク要因であることを学習するとともに、健診や保健事業の場での短時間で実施できる効果的な禁煙のアドバイスの方法のほか、禁煙希望者への効果的な支援方法の基本を学習します。この内容は2013年4月に厚生労働省から発行された「禁煙支援マニュアル(第二版)」に準拠しています。

講師:公益社団法人地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター長
中村 正和
(撮影時:大阪府立健康科学センター)
学習者人数: 1066 / 合格者人数: 217
「禁煙支援における行動科学」(38分)
 〔2011年作成〕

行動科学の代表的なモデルである「ステージ変容モデル」を用いて、禁煙支援の行動科学的アプローチについて学習します。喫煙者の禁煙の準備性に合わせた支援の基本を学びながら、禁煙の動機や自信を高める方法、賞賛の言葉かけのコツなどを学習します。

講師:椙山女学園大学看護学部
助教 谷口 千枝
(撮影時:国立病院機構 名古屋医療
センター)
学習者人数: 1226 / 合格者人数: 155



「職場における受動喫煙防止対策」(16分)
 〔2014年作成〕

受動喫煙の健康影響や越境汚染で話題となっているPM2.5との関係について理解を深め、受動喫煙防止対策の必要性について学びます。また、喫煙室を設置した場合の問題点について理解を進め、わが国が批准している国際条約(WHOのたばこ規制枠組条約)に基づいた効果的な対策について学習します。

講師:産業医科大学産業生態科学研究所
教授 大和 浩
学習者人数: 857 / 合格者人数: 207
「歯科での禁煙支援の必要性と取り組み方」(35分)
 〔2016年作成〕

喫煙が歯と口腔の健康に及ぼす影響や歯科の治療効果との関係について学習し、歯科での禁煙支援の必要性を理解するとともに、歯科領域での禁煙支援の特徴と日常診療での禁煙支援の取り組み方を学習します。

講師:福岡歯科大学口腔保健学講座
教授 埴岡 隆
学習者人数: 219 / 合格者人数: 61
「歯科での禁煙支援の実際」(20分)
 〔2016年作成〕

歯科診療の特徴をいかした禁煙支援の流れや、禁煙補助薬の選び方、歯科診療の場面に応じた効果的な短時間アドバイスの方法について学びます。

講師:梅花女子大学看護保健学部
教授 小島 美樹
(撮影時:大阪大学大学院歯学研究科)
学習者人数: 232 / 合格者人数: 81
 
 

Copyrightc2014 Japan Smoking cessation Training Outreach Project All rights reserved