日本禁煙推進医師歯科医師連盟
受動喫煙の法的防止

 世界禁煙デーは、1988年にWHO(世界保健機関)が定めたもので、毎年5月31日に世界中で催しが行なわれます。この記念日にWHOは、たばこ使用の危険性とたばこ産業の事業展開について広く社会に情報を送り、 WHOがたばこ病の流行と闘うために何をしているか、世界中の人々が健康と健康的に生活する権利を主張し、未来の世代を守るために何をすることができるかを知らせています。
 今年の世界禁煙デーのテーマは、The WHO Framework Convention on Tobacco Control(たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約、FCTC)です。日本では毎年5月31日〜6月6日を禁煙週間として各地で禁煙推進活動を行ってきていますが、今年の禁煙週間のテーマは「みんなで知ろう!たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」とされました。
 今年の世界禁煙デーに向けてWHOが作成したポスターです。命を救う3つの道具として、消火器、救命浮輪と並んで、FCTCが示されています。

また、世界禁煙デーに向けてWHOが公表したアナウンスメントには、以下の記述があります(http://www.who.int/tobacco/wntd/2011/announcement/en/index1.html)。



Copyrightc2014 Japan Smoking cessation Training Outreach Project All rights reserved